低い金利として有名な教育ローンと言えば国が運営している教育一般貸付です。

年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクのローンよりもかなり安いです。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国のローンがいかに低金利かがわかりますね。

学費以外にアパート代やパソコン購入費など色々な教育資金に利用することができます。

しかし、低所得者の救済する目的のローンなので対象となるのは高校や大学などで学びたいという中学校卒業以上の子供になります。

アルバイトしながら進学を目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを利用することは可能です。

ただし、ローンが組める人には条件があって20歳以上の成人でないと融資を受けることはできません。

また、融資を受けるには安定した収入が必要となっているところが多いので勤続年数は2年以上は必要と言われています。

返済能力も審査をクリアする上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入は欲しいところです。

いずれにしても、学生本人が借主というのはあまり見ないので奨学金のほうが可能性が高いと言えます。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から支払が始まります。

利息は借りた日の翌日から発生しますが埼玉りそな銀行などは在学中は利息のみでOKとしています。

返済期間についても最長で20年まで借り入れ可能というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額は増えてしまいますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金に変わりないので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

普通のカードローンとほとんど同じで個人に与えられた限度額の範囲内なら自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

通常のカードローンとの違いは教育資金以外には借り入れたお金を使ってはいけないということです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますが一部の銀行でもこのタイプを提供しているところはあります。

借入金額が明確になる初年度は一括借入れ型で詳細が未定な2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

ろうきんは会員が出資し相互扶助を目的に設立された非営利団体です。

銀行やノンバンクといった営利目的ではないので金利は2から3%台となっています。

融資の限度額は1000万円から2000万円と高めのとなっておりローンの返済期間は15年から20年と長期にかけて返済していくことになります。

一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員は優遇金利が適用されるケースが多いです。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に学生への仕送りや下宿代も用途として認められています。

教育ローンでいくらまで借りられるか?という疑問を抱いている方はいませんか?いくらまで借りられるかは銀行やノンバンク等によって融資額はそれぞれ異なります。

国の教育ローンは最大限度額が350万円と決まっています。

民間の銀行では300万円から1000万円程度となっています。

就学先が医学部、歯学部、獣医学部などの場合は、最大融資金額が3000万円という銀行もあります。

一方、ノンバンクの中には学校提携教育ローンというものを用意していることがあり、提携校によって融資額が変わるほか、直接学校に振り込まれるなど他のローンとは少し対応が変わってきます。

教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

進学を控えた学生の保護者などが学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

専門学校や大学・短大の学費、私立の学校であっても利用対象となります。

融資する金融機関は銀行やノンバンクになります。

気を付けなければいけない点として金融機関によっては、保育園児は教育ローンが不適用となる場合がある事です。

教育ローンの申し込み方法について説明します。

申し込み方法は郵送やインターネットなどがあります。

郵送の場合は電話などで借入申込書を請求して届いた書類を記入し、返送します。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査の申し込みもWeb上で行うことができますし中々金融機関に行く時間が取れないという人でもありがたいですよね。

仮審査の申し込み手続きが完了後に受付け完了メールが届くと思いますので、必ず確認してください。

銀行の教育ローンというものは、普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンよりも融資金額も大きくローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座を未所有でも申し込めるというローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

また、給与振込の振込口座にその銀行を使っていれば金利が割引になる銀行もあります。

学生本人が教育ローンを利用するというのは基本的には出来ないと言えるでしょう。

学費目的と言ってもお金を借りることに変わりはありませんので借主は貸付契約がきちんと行える人物である必要があります。

そのためにはまずは成人であることが求められますし安定かつ継続した収入があることが不可欠となります。

更に現在勤めている職場を退職する予定がないことや家賃、光熱費、保険料などすべてを自分の稼ぎで賄えていることも重要です。

そのため、国の教育ローンよりも銀行などで扱っている教育ローンのほうが審査が通る可能性は高いと思います。

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

通常のカードローンと同じように個人に与えられた限度額の範囲内なら自由に借り入れや返済を行なえるといったローンになります。

普通のカードローンと何が違うかというと教育資金以外に使えないことです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますがカードローン型を提供している銀行もあります。

学費が明確になる初年度は一括借入れ型でいくら必要になるか読みづらい2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

教育ローンの比較はランキングサイトを利用すると効率的に比較することができます。

銀行やノンバンクを回ったり電話で資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額など知りたい情報は表になっているので一目で比較ができます。

表の中には、来店する必要の有無やローンのお勧めポイントが掲載されているサイトもあります。

銀行のHPへリンクが貼られていることが多いのでとても便利です。

教育ローンの借入金額の受け取り方の1つに全額まとめて振り込まれる一括借入れ型があります。

いわゆる住宅ローンのように一括で借り入れた金額全てを受け取るタイプの融資です。

銀行の多くはこのタイプになります。

一括借入れ型の特徴といえばローンが契約成立したら、並行して返済金額が確定されるということです。

返済の計画を立てやすいという利点がある一方で追加資金が必要になった場合は新たにローンを組まなければなりません。

ろうきんは会員が出資し会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社などのように営利目的で運営されていませんので金利は2から3%程度になっています。

限度額は1000万円から2000万円となっておりローンの返済期間は15年から20年と長期になります。

ろうきん会員以外の方でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されるメリットなどもあります。

地方のろうきんだと入学金や学費以外に仕送りや下宿代なども認められています。

教育ローンと奨学金の違いをご存知ですか?教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは保護者が借主となりますが奨学金は学生本人に貸し付けられます。

借り方についても2つのローンには違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は月ごとに定額振込みが基本となっています。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金の場合は、在学中には利息は発生しません。

返済開始はいつからかというと、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金の返済は卒業後からになります。

教育ローンが借りれないという人には色々な要因があると思います。

参考:借りやすい教育ローンとは?審査通りやすい?【学費を借りる方法】

まず、働いていることが貸付要件としてありますので無職や年金受給者は借りることができません。

正社員じゃないと借りられないということはありませんが安定した収入を得ている証明が必要となります。

契約社員などの場合は最低でも2年以上の勤続年数が必要です。

また、年収も200万円以上は必要となりますので、それ以下ですと審査には通らない可能性が大きいでしょう。

教育ローンでいくらまで借りられるかは各種融資機関によって融資額は異なります。

国で融資してくれる教育ローンは最高350万円です。

民間の銀行では300万円から1000万円程度となっています。

就学先が医療系の学部であれば、最大で3000万円までローンを組んでくれる銀行もあります。

一方、ノンバンクの中には学校提携教育ローンというものを用意していることがあり、提携校によって融資額に違いがあるほか、審査は早い分金利は高い等と言ったこともありますので、精査が必要です。

学生本人が教育ローンを借りることは基本的にはできません。

学費目的と言ってもお金を借りることに変わりはありませんので借主は貸付契約がきちんと行える人物である必要があります。

そのために融資を受ける人物が成人であることや安定した収入があることは必須条件となります。

また、今の仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などすべてを自分の稼ぎで賄えていることも重要です。

そのため、国の教育ローンよりも銀行などで扱っている教育ローンのほうが融資の可能性は高いと思います。

銀行の教育ローンは普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですし返済期間も長期間にわたるので余裕を持って返済することが可能です。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb手続きだけで完結する銀行が多くなり利便性も向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座を所有していると優遇金利を受けられるといった銀行が多いです。

また、給与振込の振込口座にその銀行を使っていれば金利を優遇してくれる銀行もあります。

教育ローンという学生のためのローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中で特におすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

融資額は最高でも350万円と少なめですが、年利はわずか1.76%で固定金利なので安心ですね。

大学や高校だけでなく中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

利用目的も入学金や授業料ばかりでなく学校納付金はもちろんのこと、在学のため必要となる住居費用の支払も認められています。